6

 

6月19日

朝からミスをしてしまって落ち込んだ。

リーダーはいつも優しいから全然怒らないし大丈夫ですよ〜って言ってくれるけど迷惑かけてばっかりで申し訳ない。早く仕事に慣れたい。

夜ご飯は寿司を食べに行った。炙りえんがわが一番好き。息子と一緒にぶどうも食べてお腹いっぱいだったのに10時にはお腹がすいていた。お寿司の満腹感もっと続けば良いのに。

お風呂上がりに炭酸が飲みたくなる気温になってきた。

 

 

6月20日

靖子ちゃんのラジオを聴いてから寝ようと思ったのに途中で寝落ちした上にタイムフリーだから朝起きた時にはもう聞けなくなっていた。悲しい。そのうえ寝坊した。

いつもより10分近く遅れて幼稚園に着くと、息子と同じクラスの子数人が「〇〇くんおはようー!」と出迎えてくれた。「〇〇くんママだー!」と私にも挨拶をしてくれてまるっとみんな抱きしめたい程可愛かった。息子は照れて私の足にしがみついていた。

幼稚園帰りに公園に寄ると「あ!〇〇くんだ!」と2人の女の子に声を掛けられた。

私の知らない所で沢山のお友達と関わっているんだなあと、改めて今年から幼稚園にいれて良かったと思った。

 

 

6月21日

朝から雨でずっと頭が重かった。

息子を幼稚園に送ってから家事を済ませてひたすら靖子ちゃんや欅のMVをyoutubeで見ていた。

お迎えの時間が雨風のピークでずぶ濡れになって2人で帰ってきた。小学生の頃、傘をさしても濡れちゃうような大雨の時は傘をささずにずぶ濡れになって帰ってよく怒られたなあと思い出した。どうせ傘持っててもずぶ濡れになるんだから同じだよね。

息子もそのうち同じ事をするんだろうな。その時は一緒にずぶ濡れになって笑い合いたいと思う。

5

6月13日

幼稚園の親睦会。

ママが来た!って子供達が嬉しそうにしてる顔が可愛くてたまらなかった。

息子が体操を一生懸命やってる姿は可愛くて面白くて、ぎゅーっとしたかった。

子供達がカードを選んで同じカード持ってるお友達を探すゲームをやったら他のママ達はママ同士でお話してるのに私は上手く話せなくて悲しくなった。

 

 

6月14日

仕事。

夕食は焼きそばにした。

息子は幼稚園で画用紙を切ってふりかけを作って持って帰ってきた。

何の味なの?と聞いたら「美味しい味!」

息子にとっての美味しい味が私の作るご飯だったら良いな〜〜と思った。

 

 

6月15日

幼稚園終わってから療育相談。

帰りに買い物して帰ったら6時過ぎになってしまった。

息子が「靖子ちゃんのカレーの歌がいい!」というリクエストをしてきたので車の中で2人で歌った。夕焼けが綺麗だった。

4

 

6月7日

仕事。

とにかく頭痛が酷くて夕ご飯はすき家にした。

私が体調を崩すと家庭が全く機能しなくなるから無駄にお金が出ていくし次の日の家の中は悲惨な事になる。健康が一番。

 

 

6月8日

久しぶりの2時降園で沢山遊んでこれたから満足気だった息子。

帰りも素直にお友達とバイバイしてくれて良かった〜

息子がいつもお友達引き止めて遊んじゃうから他のママ達に「早く帰りたいのに〜」って思われてないかな…と最近少し不安。

今日も頭痛は酷かった。低気圧、、、

 

 

6月9日

今日も朝から頭痛。買い物行くために車運転してても頭がボーッとするし段々と頰や顎、歯まで痛くなってきて「これは副鼻腔炎では…?」と病院に行くと案の定…急性副鼻腔炎

かなり腫れてるね〜一週間は痛いよ。と言われて絶望した。

顔を動かすとズーンと痛みが広がるから喋るのも食べるのも痛みしか感じない。

喋るのが仕事なのに日曜日どうしろってんだ!

痛みよ早く消えろ〜〜〜〜

水曜日

 

トイレに入ってトイレットペーパーを見ると芯だけの状態で予備のペーパーを出すと使いかけ。

あぁまたか。と思いつつ使い終わったら芯は捨てて新しいペーパーを予備に入れるという生きていれば普通にある何でもない事を何故出来ないのか不思議に思う。

 

「俺が入るといつも一巻きしか残ってない、お前はわざと少し残して俺にやらせようとしてるんだ」

 

こんな発想私には無かったからびっくりしたし、自分がやってるから相手もやっているだろうというこの人の考えが滲み出てて気持ち悪くてあぁ本当に嫌いと思った。

自分で「変えるの面倒だからいつも少し残して自分が変えるのを避けてます」って言ってるようなものだよ。

何に対しても「面倒だから」で終わらせてその先を考えられないのは可哀想だな。

私は考えることをやめて生きるのは嫌だし怖いからあの人のようにならずに毎日丁寧に生きたいなと思った水曜日の夜の事でした。

3

5月9日

 

給食のハンバーグちゃんと食べた!と息子から報告。(何故か給食のおかず食べたがらないらしい…)

ちゃんと食べて偉いね〜!と今日幼稚園であった事を聞いていたら、リュックに入ってるスプーンとフォークを持ってきて「あのね、ここ汚いなっちゃったの、ごめんね」

スプーンの柄の部分にケチャップ?ソース?がついていて、もう落ちないと思ったらしい。

洗えば綺麗になるから大丈夫だよ、教えてくれてありがとう。と言って洗ったスプーンを見せたら喜んでいた。

汚れはちゃんとおかずも食べた証だ、明日からもいっぱい汚してきておくれ。

 

 

5月10日

 

仕事。

初めてのお弁当の日。鮭のおにぎりと卵焼きとアンパンマンポテト。

帰ってきて、お弁当食べた?と聞くと「あのね!ぜんぶ食べたよ!」と満面の笑み。

空っぽになったお弁当箱を見て私も嬉しくなった。

幼稚園で食べるお昼ご飯、初めての完食!

アンパンマンポテトは入れるか少し迷ったけど、全部食べれた!って気持ちを覚えてほしかったから入れて正解だった。

 

 

5月11日

今日も帰りはチョコくんと。大体一緒に帰ってくるし、幼稚園でも仲良くしてるみたいでお友達できてよかったよ〜ママは美人だし(というか完全に私の好きな顔)

 

夕方「ママみて!完成した!」と寝室に連れていかれると、布団とぬいぐるみを積み上げた造形物があって笑った。その後何故か飛び込み前転ひたすらしてて面白かった。

 

息子の行動とか、言葉とか、毎日見たり聞いたらするのが楽しくて仕方ない〜

 

 

 

2

 

4月27日

 

低気圧と生理が重なった時に限って仕事や予定があるのは何の因果なの。

スタッフが多くて時短で帰れたので良かった。

 

 

 

4月28日

 

今日の朝は少しグズって「ママ、抱っこは?」(何故か上から目線な言い方)となかなか私から離れようとしてくれず…逃げるように先生に預けてきた。

お迎えに行ったら年中組のお兄ちゃんと手を繋いで「あのね、だいちゃん!」と私に紹介してくれた。朝とは打って変わってとても笑顔だったので、以前靖子ちゃんが「多めに喘ぎ声出す女みたいなサービス」(うろ覚え過ぎて合ってるか分からない…)みたいな事をブロスの連載で書いていた事を思い出した。

 

以前同じ親子教室に通っていた子(あずきくんと呼ぶ)と、幼稚園に入り同じクラスになって仲良くなった子(ちょこくんと呼ぶ) と帰り道が同じで、ちょこくんのお家の前で雑談をしたり子供達ははしゃぎ回ったりお菓子交換したりなどして、息子はとても楽しそうに遊んでいて幼稚園でもこんな感じで過ごしているのかな、と思うと少しホッとした。

 

ちょこくんとバイバイをしてあずきくんと一緒に帰りながらお話していたら「良かったら家で子供達遊ばせながらお茶でもしませんか?」と誘われた。突然お家に行くのはハードル高いのでは…!と緊張してしまったので顔が強張っていたような気がする…

 

息子もあずきくんも仲良く遊んでると思えばおもちゃを取り合って喧嘩をしたり、気付くとまた仲良く遊んでいたり。

一人っ子だから、お友達と喧嘩する事で他人との関わり方学べたら良いなあという気持ちで2人のやり取りを見ていた。

 

息子自身が「自分の思ってる通りに遊べない」とか「自分だけを見てもらえない」というのが不満だったようで、久しぶりに癇癪を起こして家に帰ってきてからドッと疲れてしまった。

でもまたお誘いがあったらお友達と遊びたいな。

 

公園で私の足の親指が変な方向に曲がった事以外はとても良い1日だった。

折れてたら笑えないでただの打撲であってほしい。

 

 

1

 

4月20日

 

幼稚園終わってまた公園に遊びに行くその体力はどこから湧き出るのだろうか….

最近の息子は知らない人に平然と「こんにちは、あのね…」と話始める。

(つい1年半前まで同じ年くらいの子供がいると萎縮していたとは考えられない)

とても良い事だと思う。挨拶は大切。

 

ただ知らないママ友グループで遊んでる所に入っていく息子には困ってしまう。

しかも子供ではなくママの方に話しかけるから尚更。

私にもっと人と上手く会話する術が備わっていたらそこから仲良くなれたりするのだろうか。

 

でも既に仲良しのグループが出来ている中に入りたいと思えないし、自分から何か話しかける言葉が思い浮かばない。

そもそも「子供」という繋がりだけでそこまで周りと仲良くなれる気がしない…

 

果たして私に「ママ友」という存在が出来ることはあるのか…

 

 

4月21日

 

仕事。ヒールは足が疲れる。やっぱりワイドタイプのパンプス買おう…と決意した。

今日は幼稚園でちょっとしたトラブル(という程でもないけど)があったらしく夕方に幼稚園から電話。

 

きっとお友達と遊ぶのが楽しくなって、やってしまったんだろうな。

それを「ダメだよ」と言われて泣いてしまったんだろうな。本人にとってはスキンシップだったんだろうな。

でもお友達との遊びの中でそれがお互いにエスカレートしていったら怪我に繋がってしまうから、上手くそれを伝えられたなあ。とどうやって言うかを考えながら帰宅。

 

結果、眠くてご機嫌ナナメな息子には「やだ、ママきらい」と言われて終わってしまった。

明日また違う聞き方してみよう。

 

 

 

毎日幼稚園のことをメモとして残しておく事で後から何か気付くキッカケなんかになったら良いな、と思ったのでこれからもボチボチ書いてみます。